「☆凛冒険者シリーズ」おすすめ二次創作作品

やる夫作品の作者「☆凛」氏の「冒険者シリーズ」に影響、感銘を受けた作者様達が設定や世界観を使用した作品達。

まとめサイト「やる夫AGE」様の◆PxpsTgDRu.氏の作品集「続きのないチラシの裏」内でまとめられています。

☆凛のオリジナル作品はコチラ
「☆凛冒険者シリーズ」おすすめオリジナル作品

二次創作作品
「☆凛冒険者シリーズ」おすすめ二次創作作品2

冒険者シリーズ二次創作「長編作品」

ここでは二話以上の連載作品は全て長編に分類しています。

やる夫の物理派錬金術師生活 ☆☆

大学の錬金学部卒業後、自立を夢見ながらトーキョーにある実家の工房で働くやる夫。とある仕事での失敗を機に、これ幸いと全てを捨ててセンダイにやってきた若き錬金術師(物理)の物語。父はモンク、母はメイジ、両親を見る限り納得の遺伝子構成。

趣味は研究開発、モンスターを素材呼ばわりするマッド気味なやる夫はついに禁断の領域に。ヒロインは加賀ちゃん。

筋肉馬鹿と寄生虫~やる夫とタカル男(笑)~ ☆☆

鋼の肉体に賢さ0の脳筋やる夫が冒険者デビュー。怠惰な委託寄生とは違い、何年もの間必死にコツコツ努力しても万年Eランクの石田。神に祝福された脳筋と呪いでも憑いてるんじゃないかと疑うレベルの「寄生虫」の物語。

他作品では屑代表の石田が善良な努力家として描かれている。物語の根幹にかかわる「金目」という特殊設定と、全然関係ない四天王()設定ありw
うーん、チートキャラ…ってゆーかチートアイテムだね。全体的にインフレが激しい。

『 やる夫達は ”M▼△▲○ ●▲◇△■□◎” となる 』 ☆

老後の不安解消の為にうさぎ討伐依頼をこなす底辺のクソステ中年やる夫と石田、そしてとある事情で以前のPTから外れたほむほむ。贅沢は敵、無理や油断をせずに底辺とは思えぬ必勝のコンビネーションとテクニックで地道に雑魚モンスターを狩る慢心しらずの苦労人PTは、ある事件、ある出会いがきっかけで「空」へと飛び立つ。

「筋肉馬鹿と寄生虫」といい作者の石田への愛情がパネェ。”キレイ”な言峰。そして空戦といえばあの人。

トミヤ開拓村編

原作にも描写があった開拓計画。センダイ北部の未開地域を開拓しモンスター達を相手に生活圏を勝ち取る、冒険者向けの都市拡大事業。第二次北部開拓計画に参加したやる夫は行方不明という設定。つまり主人公はやる夫ではなく、主役は甥っ子設定のシモン。

一風変わった作品。冒険者シリーズとは別のオリジナル作品と見たほうがいいかも。

同じ作者さんで全二話のネタ作品だけど個人的にはコッチの方が好き。「きんきゅう!~へっぽこ騎士王と愉快な冒険者達~」

「やる夫は一人ぼっちの冒険者のようです」 ★★

ド田舎からやってきた新人冒険者やる夫。クソステでギフトがあるわけでもなく、空腹で行き倒れていた狼娘、相棒のホロと共に地道に稼ぐ毎日。そんなある日黒服の男から報酬の高い怪しげな依頼を受けるのだが…。

全三話、面白いけど軽い気持ちで読んじゃダメ。バカエロやオレTUEEEを読みたいなら他の作品を。

「ドヴァーキンがセンダイ冒険者になるようです」 ★

センダイの冒険者登録所にやってきた「ドラゴンボーン」と名乗る男。ギフティッドとかそんなレベルの話じゃない、異世界からやってきた不滅の竜を滅ぼせる竜の魂をもつやる夫の冒険譚。センダイ最強。

シャウトやら錬金術やらで色々反則気味な強さで、しかも怖いほど気前のいいやる夫の行動で委託寄生の意識も変わっていく。

原作を知らない人でも簡単に説明してくれるので安心。詳しく知りたかったら「スカイリム」でググればいいと思うよ。

「やる夫は紫杯を乾したようです」

底辺から這い上がる為に必死の思いで貯めた金も信頼も裏切りによって失ったクソステ冒険者のやる夫。全てに絶望したやる夫はどうせ死ぬのならと怪しい男の提案にのるのだが…。

元ネタはTRPGらしいです。

「やってられっか夫は寄生冒険者のようです」

やってられっか夫が出会ったエゾの原住民オンドゥル族(ライダー)と共に冒険者生活。うーん、冒険者シリーズは主人公がやる夫じゃないと違和感を感じる割と保守的な私。

「彼等はミトの剣闘士のようです」

「センダイ」じゃなくて大陸中央の「ミト」の新人冒険者シンの物語。コロッセオのような闘技場があるミト。ギルドマスターは一級鬱クラッシャーのコブラ。ヒューッ!

「◆EV0X7vG/Uc」様の作品

良質の二次作品が多数あります。しっかり完結している作品が多いのも素晴らしい!

「やる夫は英雄になりたいようです」 ★★

◆EV0X7vG/Uc

山育ちで狩人訓練を受けたレンジャー適正のやる夫。幼き日の約束の為、英雄を目指す!
ヒロインはちょっと訳ありの鷺沢文香をはじめとしたプチハーレム。敵や裏切りには容赦しないが山人の情は大きく深いのです。

懐かしの二人と武天老師のじっちゃんも出演。最後まで安心して読める良質の二次作品。寺は焼き討ちするもの。みな殺すべし、慈悲はない。

「やる夫とお狐様」 ★★

◆EV0X7vG/Uc

トリミング、毛づくろい等、テイマーの才をもつ少年やる夫(かしこさ0)。冒険者になった彼が連れてるカワイイ小狐、一見無害の小動物ですが実は元生物災害の九尾の狐だったのです。そんなお狐様(羽衣狐)の寵愛を受けているやる夫が次々とモンスター(♀)をテイムしながらワイワイやっていく割とゆる~い冒険者生活。

モンスターにはやる夫が超絶イケメンに見えちゃう擬人化モンスターハーレムです。

やる夫たちは人間を目指すようです ★★

◆EV0X7vG/Uc

忍は人にして人に非ず。
かつては裏の世界、闇の中に生きる忍者も時代の変化に伴い、表の世界で新たな道を模索することになるのであった。精鋭と名高い忍者集団、黒脛巾組の現頭領の息子やる夫が里の為、妹分達の為に冒険者として一旗挙げる物語。ぶっちゃけ忍びの里ごと解雇された忍者達の再就職だね。

「アイエエエ!?」「ニンジャ!?ニンジャナンデ!?」と隠密からの暗殺や巨人の襲撃にガクブルのモンスター。そんなやる夫達の行動によって様々な不可思議情報が飛び交い恐れ戦く他の冒険者達。ヒロイン枠には桃子、豊音、小蒔。ちょっとした贅沢に感涙する妹分達がちょーかわいい。

ちなみに実際の黒脛巾組は伊達政宗が創設した忍者集団なんだぜー。

孤独のナルホドウ ★

◆EV0X7vG/Uc

センダイ政庁で常識外れのギフティッドから寄生や美人局まで様々な冒険者相手に日々受付業務をこなすナルホド。そんな彼の楽しみは「食」。

ナルホドくんのキャラと合っててとてもいい感じ。「孤独のグルメ」が好きな人は是非。
センダイといえば牛タン。そして私は牛タンセットについてる麦飯と漬物と味噌南蛮が大好きです。この作品は読むとお腹が空きます。

『やる夫たちはなりあがりを目指すようです』 ★

◆EV0X7vG/Uc

豪商の息子であるやる夫は親の遺産を受け取らず、大切なメイドさん(咲夜)と共に商会立ち上げを目指す!

大切なメイドさんを危険でリスキーな冒険者にするなんてとんでもない。と、いうわけで冒険者になりません。商人やる夫が冒険者相手の商売でなりあがる物語。
家を継いだ兄の鉄雄(銀と金)は弟おもいのいい兄貴。当然父親は銀二。ドロドロや鬱はないので安心して読めるね。ちょっと短く感じるけど無駄なくすっきり完結です。

『ハンナさんと軍医殿』 ☆☆

◆EV0X7vG/Uc

負傷退役の軍人ハンナと無理やり拉致された部下で軍医のやる夫が底辺(冒険者)の仲間入り。軍人さんが剣と魔法の世界で銃をブっ放す。
次々と胃痛の種が増えていく苦労人やる夫のプチハーレム?作品。

「魔王からは逃げられない。」

『やる夫たちは親を超えたいようです』 ☆

◆EV0X7vG/Uc

名工ロンベルクに拾われ育てられたやる夫とA級冒険者アーチャーの娘、アチャ子とギル(女)が偉大な親を超える為に冒険者に。


『冒険者食堂』 ★

◆EV0X7vG/Uc

「孤独のグルメ」の次は「深夜食堂」。

深夜に営業を開始する冒険者が数多く通う店、通称「冒険者食堂」。やる夫の店で料理を中心に巻き起こる人情話。

『やさしい明日を』 ★★

◆EV0X7vG/Uc

Aランク冒険者でぼっちのマミが両親をモンスターに殺された幼いやる夫を拾う。
前編後編の二話完結の短い作品だけど面白い。終わり方も素敵。

センダイの大人達は怖いけど頼もしい。マミマミの子育て奮闘記。

『Arcadia/Restart』

◆EV0X7vG/Uc

ちーちゃんとまこっちゃんが幸せになる話。

やる夫は才能がないようです ★★

◆EV0X7vG/Uc

スライムに苦戦するクソステのやる夫。格闘家としても才能0のやる夫だが尊敬する師匠(ぷにえ)の言葉通りに1つの技をひたすら体に叩き込み磨きに磨いた結果、関節技の鬼。
スライム相手に関節技の練習をする変態扱いされてる愚直な格闘バカ。そんなやる夫の良きパートナーはヒロインのあきつ丸(艦これ)。

「関節技こそ王者の技よ!」

やる夫たちは取り戻すようです ★

◆EV0X7vG/Uc

料理人だった両親の死と共にすべてを失った少女えりなと、これまた裸一貫孤児院を追い出された幼馴染のやる夫が共に冒険者に。

日々の食事、解体作業など両親から受け継いだ料理スキルが大活躍。食事は大事。メシウマは正義。

底辺からのスタートだけど最初から最後まで甘々な二人。ニヤニヤしながら、あるいは壁でも殴りながらどうぞ。


「☆凛冒険者シリーズ」おすすめ二次創作作品2