「デスゲーム」おすすめやる夫作品

デスゲームって何?

主催者に何らかの理由によって集められた参加者が提示されたルールの中で挑む命がけのゲーム。
主に閉鎖的な場所で行われ理不尽で非情なものが多く、極限状態の心理描写など緊張感のある展開が面白い。

有名どころだと
映画:CUBE SAW デス・レース バトルロワイヤル リアル鬼ごっこ 等
漫画:カイジ 嘘食い GANTZ 等

原作「シークレットゲーム」の作品はこちら。
「シークレットゲーム」おすすめやる夫作品

「安価のデスゲーム作品」

やる夫は命を的に稼ぐようです ★★★

◆wCogfUJ/Uw

オリジナル長編安価作品。ろくでなしのクズの両親のせいで多額の借金を背負わされた大学生「入速やる夫」は勝てば莫大な賞金を得られる命を賭けたゲームに参加する。

運営する組織がいて、当然賭けにもなっていてゲームの舞台は現実世界。

簡単なルール説明。ホントは13か条なんだけど適当に省略してます。

1チーム10名。赤、青、黄の3チーム計30名で12日間行われる。

終了時点で一番多く生き残ったチームがイベント等で増減する10億以上の金を頭割りする。

優勝チーム以外はゲーム終了後死亡。ルール違反は死亡。運営に逆らっても死亡。

参加者にはそれぞれステータスとスキルがあり、一長一短。

つまりは殺し、裏切りを推奨しまくりのデスゲーム。特殊キャラの「死神」や「亡者」もいるよ♪

参加者は軍人、殺人鬼からJCまでバラエティ豊か。果たしてやる夫は生き残り、幸せになることは出来るのか!?って感じなんだけど、様々な選択安価の結果、情報を牛耳って裏で暗躍する黒幕プレイみたいになってるww

この人の安価作品ほんとおもしれー。

掲載サイト:まとめWiki
主要キャラ:やる夫 アチャ子 カイジ まどか 月 新城 マリオ 蓮太 Qべえ

やる夫は命を的に稼ぐようです‘68 ★★★

◆wCogfUJ/Uw

前作「やる夫は命を的に稼ぐようです」と同様のルールを用いた作品。今回の舞台は前作よりもずっと過去の話。内戦にアメリカが介入してドロドログチャグチャの1968年ベトナムのサイゴン。

商談でベトナムに来たサラリーマンのやる夫が運営のニャル子によってなし崩し的にゲームに参加。南ベトナム軍にベトコンにアメリカ軍、更にマフィアに反共十字軍まで様々な勢力が争っている戦場で狂気のゲームが始まる。前作とはまた違った感じの面白さ。

安価ってスゲェ!まさかの展開。意外すぎる人が大活躍www
ただのサラリーマンだったはずが安価によって覚醒。ベトナムで恐ろしい怪物が爆誕してしまう……。吐き気を催す正義とはこのことか!?

掲載サイト:まとめWiki
主要キャラ:やる夫 ニャル子 後は内緒(知らない方が楽しめると思う)